2011年02月24日

便秘解消でダイエット!

こんにちは、皆様、お腹の調子はいかがですか?

ひょっとして便秘気味ではありませんか?


現代社会は、多くのストレスや不規則な生活、

また食の欧米化などで、便秘になってしまう方が増えているようです。

便秘とは、食べた物が長時間、腸の中に留まっている状態であり、

これを滞留便と言いますが、時間とともに腸内で腐敗していきます。

そこから、有毒な毒素が発生して全身に回ってしまい、

その結果、肌荒れや疲労感や頭痛・腰痛などの

悪症状が出て来てしまうのです。
↓ ↓ ↓




またこの毒素が新陳代謝を低下させたり、身体の循環が悪くなり

大変痩せにくい身体になってしまいます。

さらに、お腹がポッコリと出てしまい、太って見えてしまったりします。
↓ ↓ ↓




便秘は、ほうっておくと習慣性となるので、ひどくなる前に改善させましょう。
↓ ↓ ↓




一般に便秘解消には便秘薬を使えば良いと思いがちですが、継続して使い続けると

腸の働きが更ににぶくなり、便秘薬無しでは排便できない

ひどい便秘になってしまう事があります。

ですので、自分に合った方法で身体本来の排便機能を取り戻しましょう。

そして、腸に残っている余分なものを掃除し(デトックス)、

排出させ腸をきれいにし、代謝機能を高め、ダイエットしやすい体づくりをしましょう。
↓ ↓ ↓




《 便秘解消方法 》

便秘の症状は人それぞれであり、足りないものも人それぞれです。

自分に合うと思う便秘解消を試してみましょう。

でも解消方法を試しても、短時間で頑固な便秘は解消出来ません。

諦めずに解消方法を続けていくことが大切です。

もし貴方が便秘薬を使用している場合は、

解消方法を試しながら量や回数を減らしてみましょう。

急に使わなくなると便がたまり過ぎてしまい、さらに便秘を悪化させてしまいます。


※ 善玉菌を増やす ※

善玉菌を増やすのに有効的な方法は・・・

・生きて腸まで届く菌が入ったヨーグルトを、1日150g〜200g摂取する

・ オリゴ糖を摂取する

・ 水溶性食物繊維を摂取する

・ 便をためない

・ ストレスを減らす
↓ ↓ ↓




※ 食物繊維をとる ※

食物繊維は、便の量を増やし便通を改善させたり、善玉菌を増やす働きがあります。

・野菜を食べる(一日350g程度)

・酒粕を食べる(一日50g程度)

・寒天を食べる

・蒟蒻を食べる

・モロヘイヤを食べる
↓ ↓ ↓



・胚芽米を食べる
↓ ↓ ↓




※ 運動をする ※

運動をすると、腸が刺激されたり血行が良くなったりするので、腸の蠕動運動が促されます。

腹筋や内臓を支えるインナーマッスルを鍛えることで、腸を正常な位置に戻し

働きを改善させ、排便をスムーズにする効果があります。
↓ ↓ ↓




※ 朝食をしっかり食べる ※

朝食をしっかりとって、腸の働きを促しましょう。

朝食の内容は食物繊維を多く含んだ食べ物と、水分をたっぷり取るようにしましょう。

朝食はできるだけ毎日同じ時間に食べて、体のリズムを整えましょう。

朝食をたっぷり食べることで便の量も増えるので、便秘の解消につながります。
↓ ↓ ↓





※ 体を温める ※

体が冷えていると、腸の働きが鈍くなるので体を温めてあげましょう。

寒くならない服装をしたり、体を温める食材を積極的に食べて、

体を温め、冷やさないようにしましょう。

特に冬場は、お腹周りを腹巻きやオーバーパンツなどを着用し冷やさないようにしましょう。
↓ ↓ ↓
冷え性の原因を知りお金をかけないで自分で撃退する方法!


※ 水分をたっぷり取る ※

大腸の主な働きは、水分を吸収することです。

大腸に入ってきた便からどんどん必要な量の水分を吸収するので、水分が足りないと

便がどんどん硬い便になり、量も減ってしまうので便秘になりやすいのです。

水分をたっぷり取ると、尿の回数がすごく増え、あまり効果がないように思えますが、

しっかり便も水分量が増えていますので、便がいつも硬かったり、ころころの粒状の人は

体が欲する量よりも多く取るようにしましょう。



※ 砂糖を控える ※

砂糖には、胃や腸の働きを悪くする働きがあります。

甘いお菓子やジュースなどで糖分をたくさん取っていると、

便秘になりやすいので控えてみましょう。
↓ ↓ ↓




※ 便意を我慢しない ※

便意を感じたらできる限り我慢せずトイレへ行きましょう。

便意を我慢すると、次の便意が起こりにくくなり便がたまってしまいます。

トイレで便意がなくなってしまい出なかった場合は、便意を促すために

何度か力み、腸を刺激しましょう。
↓ ↓ ↓




それでも出なければ、一度トイレから出ましょう。

便座に長時間座っていると肛門周辺がうっ血してしまい、便が出にくくなります。

毎朝便意がなくてもトイレに行き、力んで便通を促すのも効果的です。



※ 便秘体操をする ※
↓ ↓ ↓




上記の方法を試しても改善されない場合は、病院で診てもらうようにしましょう。

一日も早く便秘を治して腸をきれいにし、新陳代謝の活発な体になりましょう!わーい(嬉しい顔)
↓ ↓ ↓













ラベル:便秘
posted by tenpu at 14:22| 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ